家の解体で知っておくべきことは?費用の相場・メリット・デメリットを解説 【仙台不動産センター】

家の解体で知っておくべきことは?費用の相場・メリット・デメリットを解説

この記事のハイライト
●家を解体するうえでの解体費用の相場を知っておく
●更地にすると、売却は有利になるが税金は高くなる可能性がある
●解体を依頼する場合、地域に根差した業者を選ぶ

古くなってしまった家を、解体するか悩む方も多いのではないでしょうか。
相続で古くなった家を受けとった場合など、どうするべきか困る方もいるでしょう。
この記事では、家の解体を検討している方に向けて、解体費用の相場や、家の構造による費用の違いをご説明いたします。
また、家を解体して更地にすることで、発生するメリットおよびデメリットについても解説いたします。

\お気軽にご相談ください!/

家を解体するときの相場はどれくらいか

家を解体するときの相場はどれくらいか

まずは、家を解体する場合の解体費用の相場についてご説明いたします。
木造やRC(鉄筋コンクリート)など構造での相場の違い、また解体費用に影響してくる要因をご説明いたします。

木造の家を解体する場合の費用の相場

木造の家の解体費用の相場は、坪当たり3~5万とされています。
内訳としては、解体工事費用、整地費用、その他諸経費用となります。
また、付帯工事の有無によっても解体費用は変わってきます。
例えば、物置小屋があったり、ソーラーパネルが設置されていたりすると費用が変わってきます。
その他諸費用としては、騒音防止の養生費用、残置物撤去費用、役所への届け出の補用などになります。

RC造の家を解体する場合の費用の相場

RC造の家の解体費用の相場は、坪当たり6~8万とされています。
木造に比べて、構造が頑丈なため、解体費用は高くなってしまいます。
また、RC造の場合、工法や家が建っている場所によっても解体費用が変動いたします。
解体方法についても、下記の通り3種類あります。

  • ブレーカー工法
  • 圧砕機工法
  • 転倒工法

ブレーカー工法とは、ノミのようなものでコンクリートを砕いていく手法となり、圧砕機工法は圧砕機の圧力によってコンクリートを破壊していきます。
転倒工法はその名の通り、外壁を倒して粉々にして、運びやすくなるまで粉砕する工法です。
解体方法によっても解体費用は変わりますので、解体を遺体する業者と検討してください。

家の解体費用に影響する他の要因

まず、解体する家のある地域によっても費用は変動いたします。
地域によって、人件費、重機使用における費用、作業のしやすさが変わってきます。
人件費は、都市部のほうが高くなります。
また、作業のしやすさとしては、建物が大きな道路に面しているか、トラックが建物の建っている土地の近くまで入れるかなどにも影響します。
その他として、廃棄する建材はどれくらいあるか、配置する警備員の人数によっても解体費用は変わってきます。
これらの要素に対しても、解体する業者と検討しながら進めるのが良いでしょう。

こちらの記事も読まれています|不動産を「負動産」にしないためには早めの不動産売却がおすすめ! 【仙台不動産センター】

\お気軽にご相談ください!/

家を解体して更地にするメリットとは

家を解体して更地にするメリットとは

更地とは建物が建っていない状況で、借地権などの権利のついていない土地のことを指します。
更地にすると、売却するうえで有利に働くことがあります。
また、家の管理などのわずらわしさも軽減いたします。
この章では、家を解体して更地にするメリットをご説明いたします。

売却価格が上がる

更地にすることで、買い手側は更地にする手間や解体費用がなくなるので、家が建っているより売却額が上がる可能性があります。
家を解体する費用を差し引いても、更地にすることがメリットとなるでしょう。
更地にした場合の費用対効果を事前に調べておくことは重要です。
地元の不動産業者に相談するのも良いでしょう。

更地にすることで売れやすくなる

更地にすることで、新築の建物をすぐ建てたいという方などに間口が広がります。
買う側にとっても、すぐに新築の建物の施工にも入れるので、売却するスピードも早くなります。
新築を建てる際の地盤調査、地中埋没物の調査なども行いやすいので、買い手にとって喜ばれるケースが多いです。
売れやすくなるという点は、更地にするメリットとして大きくなります。

家の維持管理をしなくてもよくなる

土地に建物が建っている場合、住んでいなくてもある程度はメンテナンスをしなければなりません。
植物などが植えられている場合、隣地に迷惑が掛からないように処理したりなど、そのまま放っておくことはできないでしょう。
更地にすることで、建物や庭の維持管理は最小限となります。
更地にした後、防草シートをかければ、雑草が生えてくることも、ある程度防げます。
家の維持管理の手間が少なくなることも、更地にするメリットといえるでしょう。

こちらの記事も読まれています|不動産を「負動産」にしないためには早めの不動産売却がおすすめ! 【仙台不動産センター】

\お気軽にご相談ください!/

家を解体して更地にするデメリットとは

家を解体して更地にするデメリットとは

解体して更地にするメリットがあれば、更地にすると生じてしまうデメリットもあります。
解体して更地にすることで変わってしまう税金関係や、解体することで発生するトラブルをご紹介いたします。

解体して更地にすることで税金面の評価が変わる

一般的に、建物が建っている状態と更地の状態では、更地のほうが税金面での評価が高くなります。
土地としての評価が高いと、その土地に課される税金も高くなります。
また、土地の上に建物が建っていると減税される特例が使われていた場合も、更地にすると特例の効果がなくなります。
更地になった土地に対して、毎年固定資産税がかかってきますので、そのことも留意しておく必要があります。
更地のまま長年放置する場合は、税金の額が大きくなることは更地にするデメリットといえるでしょう。

追加工事で解体費用が高くなる

更地にするデメリットのひとつが、建物を解体するまで、土の下に何が埋まっているかはわからないという点です。
解体を進めていったところ、地中埋設物の存在が発覚して、見積もりより追加で解体費用が発生する場合もあります。
また、以前解体した建物の杭などが残っている場合もあり、この場合も追加で解体費用が発生する可能性があります。
見込んでいた解体費用より高くなってしまうと、不動産の売却金額にも影響が出てしまいます。
見積もり時点で追加工事のないよう、考えうる要素を入れた細かい見積書を業者に作ってもらったほうが良いでしょう。

宅地として販売できなくなる可能性がある

解体をして更地にするデメリットとして、再販売できなくなる可能性があります。
なぜかというと、建築基準法が以前建てた時から改正をされていて、現行の建築基準法だと再建築不可になるケースがあるからです。
例えば、土地が道路に面している部分が現行の建築基準法では足りないなどの理由が挙げられます。
また、用途地域が市街化調査委区域に変更になっていて、新たに建物を建てられないなどのケースもあります。
事前準備として、解体して更地にした場合、宅地として売り出せるか確認したほうが良いでしょう。

こちらの記事も読まれています|不動産を「負動産」にしないためには早めの不動産売却がおすすめ! 【仙台不動産センター】

まとめ

家を解体する際には、この記事でご説明した解体費用の相場、更地にするメリットやデメリットを把握しておくことは重要となります。
解体して更地にするとしても、希望する売却価格とのバランスを見て決断をするのが良いでしょう。
また、地域によっても解体費用は人件費や移動費で大きく変わってきます。
解体する場合、どれだけ解体費用を抑えられるかを把握しておくためにも、まずは基礎知識を把握したうえで専門家に相談するのが良いでしょう。
仙台不動産センターでは、仙台に根差した会社として、解体する際のお客様が気になる点を、専門家の目で一つずつ解決させていただきます。
今建っている家をどうするべきか悩まれた際には、ご相談だけでも承っておりますので、是非お気軽にご連絡ください。


仙台市でお家を売るなら仙台不動産センターへ


仙台不動産センターは売主様の目線で考え、売主様の大切な不動産の売却を徹底サポート。
地域密着の不動産会社だからこそ、不動産の相場価格を熟知して、適正な不動産売却価格をご提案致します。

不動産の売り出し価格はとても重要です。
相場からかけ離れた高額な価格だと長期間売れずに、値下げを繰り返して【売れ残り物件】のイメージがついてしまいます。

逆に相場より安い価格で売却してしまうと売主様が損をします。

『相場より少し高い価格』で売り出すので理想的であり、約3ヵ月での売却成約率も大幅に上がります。


不用品回収・遺品整理も仙台不動産センターにお任せ下さい


お家を売るときに面倒に感じるのが不用品の処分。
一戸建てやマンションを売るときによく相談を受けます。
住んでいた期間が長ければ長いほど物が多くなり、よく考えれば必要ない物も残っていたりしますよね。

仙台不動産センターは不用品回収・遺品整理業者と提携しており、割安にてご対応致します。

不動産売却が決まってからの処分はもちろん、内覧に来る購入希望者に良い印象を与えるために、早めに不用品の処分を依頼されるケースもございます。

お客様のニーズに合わせ、ご対応致します。


不動産売却時の仲介手数料の割引


不動産売却時の費用の中でも高額になるのが仲介手数料。
仲介手数料は、不動産売却時に不動産会社に支払う『成功報酬』です。

仙台不動産センターでは仲介手数料の割引を行っておりますので、不動産売却で発生する費用を抑えることができます。


こちらの記事も読まれています|不動産売却で発生する仲介手数料とはどんな費用? 【仙台不動産センター】

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却査定・不動産売却相談【完全無料】


不動産の売却査定は完全無料になっております。
簡易査定、訪問査定、どちらも無料ですのでお気軽にお問い合わせ下さい。

また、売却相談もいつでも無料でご対応しております。
所有している不動産はどれくらいの価格になるのか、その周辺の相場はどうなっているのか、需要はあるのか、どのような手続きが必要なのか、色々と不安になることもあるかと思います。

「まずは相談だけしてみて、売却するかどうか決めます」という内容でも問題ございません。


お気軽にお問い合わせ下さい♪


お問い合わせはお電話でもメールでも構いません。
また、『無料査定依頼』からもお問い合わせができますので、お仕事でお忙しい方も、お気軽にお好きな時間にお問い合わせ下さい。

仙台不動産センターでは仙台市の不動産売却だけではなく、仙台市近郊エリアでの不動産売却にもご対応致します。

お客様からのお問い合わせ、お待ちしております。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0222907922

営業時間
10:00~19:00
定休日
水曜、GW、夏季休暇、年末年始

関連記事

売却査定

お問い合わせ