仙台市の空き家トラブル、空き家の対策  【仙台不動産センター】



両親が暮らしていた家を相続したが空き家になっている、両親が介護施設に入ったため、実家が長期間空き家状態になっている・・・


高齢社会の現代、仙台市でもこのような悩みを抱える方が増えています。


ところが、何の対策もなしに放置したままでは様々なトラブルの原因になりかねません。

たとえ、それが親から相続した思い出のあるご実家であっても、将来そこに住む予定がないのであれば、売却や管理などを前向きに検討しましょう。


仙台不動産センターでは相続した不動産、空き家になった実家、老朽化して住めない持家など、皆様の様々なお悩みを解決するために全力でサポートさせて頂きます。



こちらの記事も読まれています|終活で考えたい相続問題!



空き家を放置するリスク


空き家は利用されずに放置されていると、やがてさまざまなリスクが表面化し取り返しの付かない事に。


たとえば──


・放火や空き巣などの犯罪、または動物が住み着いてしまう例も。


・ゴミの不法投棄(異臭問題)、景観の悪化で近隣住民からクレームが来る。


・建物の一部が風で飛ばされたり、建物が倒壊したりすれば近隣建物や近隣住民に危害を及ぼす危険性もあります。

(補償問題になり損害賠償を支払わなければならなくなる可能性も)


・建物の傷みが加速し修繕やリフォーム費用が発生する。

思い出のある実家だからと維持しようと思っても手間はもちろんの事、維持費や管理費もします。


これだけの懸念がある以上、売却するか適切に管理するか、早めに対策を打つ必要があるのです。

こんな方はすぐにでも空き家対策を!


空き家対策は早期相談が大事です。どう対処するか迷っているうちに事態は悪くなるばかりです。


たとえば、実家を相続したら相続税を支払わなければなりません。


場合によってはその実家を売却する必要も出てきます。


また、将来を考えて維持するにしても、その実家が遠方にあって管理が行き届かないという事があるかもしれません。


そんな場合はすぐにでも対策を講じましょう。


・両親から実家を相続したが親族の誰もそこに住む予定がない。


・実家を相続したものの、遠方にあって管理が行き届かない。


・相続の事を考えて、実家を売却して現金化したい。


・両親が介護施設に入ったため、実家は空き家同然となってしまった。


・両親が長期入院になり、管理が必要になった。


・思い出のある実家だけに、いつかはそこに移り住みたいと思うがそれまでの管理が大変。


・賃貸していた戸建て住宅やアパートが空室になって誰も住んでいない。


仙台不動産センターでは仙台市や仙台市近郊の空き家物件、相続物件の売却や管理において皆様のお力になります。



こちらの記事も読まれています|終活で考えたい相続問題!


お気軽にご相談ください!/


無料相談・無料査定・秘密厳守


仙台不動産センターでは、秘密厳守を徹底し、相続した不動産や空き家などを無料で査定致します。


また、売却の予定がない方でも、仙台不動産センターでは空き家の管理も行いますのでお気軽にご相談下さい。


お悩みは人それぞれです。一人一人のご都合に合わせた最適な活用方法を一緒に考えましょう。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0222907922

営業時間
10:00~19:00
定休日
水曜、GW、夏季休暇、年末年始

関連記事

売却査定

お問い合わせ