不動産一括査定のデメリットとは?  【仙台不動産センター】



不動産の売却を考えてインターネットで『不動産売却』で検索すると、よく見かける「不動産一括査定」。

所有不動産の売却査定を複数の会社に一括で依頼できる不動産売却のサービスです。

でも軽い気持ちで問い合わせをしてみたら・・・

「色んな不動産業者から営業電話がたくさんかかってきて、あまりにしつこいので途中から電話をずっと無視し続けました」

当社に売却依頼をしてきたお客様の実際のお話です。


では不動産売却一括査定とはどのようなメリット、デメリットがあるのでしょうか?



不動産売却一括査定のメリット


●一括で数社に依頼できるため手間が省けるので時間がない方におすすめ

●数社に依頼できるので金額を比べやすい、などがあります。


実際に不動産屋さんに一件ずつ問い合わせて毎回同じ質問をされ、毎回同じ所有物件の説明をするというのはかなりの時間を要します。

ですが、不動産売却一括査定を利用した場合、色々な不動産業者から一斉に電話がくるため、対応しきれなくなる事も多々あります。

お客様によっては鬱陶しく感じてしまう方もいらっしゃるでしょう。



こちらの記事も読まれています|不動産売却時の査定方法の違い


まずはご相談ください!



不動産一括査定の有効利用


ではどのような利用の仕方が一番有効に不動産売却一括査定を利用できるのでしょうか?


不動産一括査定を利用したお客様に聞いてみると、

「査定依頼するのは2社、多くても3社くらいにすれば良かった」という答えが多かったのです。

5社を超えると対応が大変で、「こんなに面倒な思いをするなら不動産の売却は諦めよう」という極論に至ったお客様もいらっしゃいました。


つまり、2社から3社の依頼が一番有効かと考えられます。


また、依頼した不動産業者のそれぞれの担当に

「電話をするなら何時~何時の間だけにしてほしい」などの提案もしておけば、打ち合わせや確認したいことがある時も、お互いのストレスを減らすことができるでしょう。

不動産一括査定のデメリット


●不動産業者の営業電話が多くなる


不動産売却一括査定の場合、自社で売却物件を扱いたい不動産会社が競い合うように不動産の売却査定価格を吊り上げ、相場に見合わない売却価格を提示される可能性がある

今の時代は買主側も簡単に不動産の価格相場を調べられます、売却価格は最終的にはほとんどが相場内の売却価格での成約になっています

●相場に見合わない高い売却価格を提示され、そのまま市場に出すともちろん簡単には売れませんし、隠れたデメリットも存在します。

不動産売却は市場に出る期間が長引けば長引くほど、売れにくくなると言われています

また、売れないからといって不動産業者に不動産買取を依頼した場合、一度市場に出た不動産は安く見積もられることが多くなります

そこも踏まえて不動産の売却価格は慎重に考える必要があるのです。


こちらの記事も読まれています|不動産売却時の査定方法の違い


\お気軽にご相談ください!/


仙台不動産センターが親身になってお手伝い致します


上記の通り、不動産売却一括査定にはメリットもありますが、利用してみないとわからないデメリットも存在します。


不動産売却一括査定で売却査定額が高い所を選んでも、結局売れる価格は変わらない


ダメ元で、と安易に市場に出す事でのデメリットも存在する


つまり売却査定価格ではなく、親身になって不動産売却をサポートしてくれる不動産会社を選ぶのが重要になります。


仙台不動産センターではお客様のご所有不動産をしっかりと調べ、近隣の不動産売却の成約事例をお客様にもお見せして、お客様と一緒に適正な売却価格を考えます。

最終的な不動産売却価格を決定するのは売主様です。

仙台不動産センターでは売主様が売却価格を決めるための参考資料や様々なプランをご提示させて頂きます。


仙台市の不動産売却をお考えでしたら、仙台市の不動産売却でお悩みでしたら

仙台不動産センターにご連絡下さいませ。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0222907922

営業時間
10:00~19:00
定休日
水曜、GW、夏季休暇、年末年始

関連記事

売却査定

お問い合わせ