実家が空き家になったら  【仙台不動産センター】

実家が空き家になる、という状況は近年仙台市でも数多く見られます。


実家が空き家になった時、売却をお考えだったり、遠方にお住まいでしたらでしたらお早めにご相談下さい。

空き家の状態が続くのはトラブルの原因になります。


また、今後実家が空き家になりそう、という場合も早めにご相談する事がトラブル回避につながります。




\お気軽にご相談ください!/

空き家になった実家の名義人



不動産を売却する際に必ず確認する事

・実家の名義はどなたでしょうか?

わからなければご連絡頂ければお調べ致します。


・施設や病院にいる親が名義人の場合、権利証などはありますか?

見つからないと絶対に売却ができないというわけではございません。


・施設や病院にいる親が名義人で認知症の場合、成年後見人がついていますか?

認知症の場合、成年後見人がいないと不動産売却はできなくなります。

空き家になった実家を売却するには


不動産売却は売却したい不動産の名義人が手続きをします。


名義人が病院や施設に入居していても、売却したい不動産の名義人本人の手続きが必要になります。


この名義人が認知症の場合は本人の意思での不動産売却は難しくなります。

認知症になった名義人の財産を管理している親族(子供など)でも、名義人本人でない限り不動産売却はできません。


病院や施設にいる理由が重要


病院や施設にいる親が名義人で老衰などで家での生活が大変だから、という場合、判断能力や思考能力がはっきりしていれば特に問題ありません。名義人である親と不動産業者で不動産売却を進めることができます。

ですが、名義人である親が認知症などによって病院や施設にいる場合は不動産売却が難しくなります。認知症などの場合は、名義人である親本人が不動産売買契約などの手続きをすることが困難になるからです。

親族に不動産売却の意思があっても、その不動産を買いたい人がいても、不動産売買契約を結ぶことができないのです。

空き家になった実家の名義人が認知症などを患っていないかどうかが重要になります。


不動産売買契約より後見人申し立てが優先


空き家になった実家の名義人が認知症の場合、不動産売却には後見人が必要になります。

不動産売買契約の前に後見人の手続きが優先になるのです。

財産を管理していても、通帳や実印があっても、権利書を用意できても、不動産売却はできません。

まずは裁判所に後見人の申し立てを行ってください。

実家が空き家になったけど売却はしたくない


実家が空き家になった場合、売却を考える人だけではありません。

・思い出の場所を手放したくない

・将来的に実家に移り住みたい

・子供に土地を残したい

など人それぞれの様々な事情もあるかと思います。

ですが空き家の放置は多くのリスクがありますのでご注意下さい。


空き家のリスクとは


・住宅の価値が下がる

基本的に空き家になると建物は傷みやすくなってしまいます。

・雑草などが生え続ける

草木が伸び、近隣の迷惑になる事も多々あります。

・老朽化が進めば周辺に危害が及ぶ

建物が壊れ、周辺の建物や通行人に被害が及べば損害賠償問題になる事も。

・ゴミ捨て場になり異臭を放つ恐れ

空き家を放置しているとそこにゴミを捨てられることが多くなります。


売却をしない空き家は定期的な管理を


空き家になっても不動産を所有し続ける場合は、定期的な管理を怠らないようにしましょう。

放置された草木やゴミ、異臭などは近隣トラブルの原因になります。

もし今後、不動産売却を考えた時、近隣トラブルを抱えた不動産は売れにくくなります。

所有不動産が遠方にある場合や、定期的に管理が難しい場合はお気軽にご相談下さい。

仙台不動産センターでは空き家管理のお手伝いを致します。

遠方にある空き家の管理、所有者様が二カ月に一度しか管理に行けない場合には隔月管理などもご相談に応じます。




\お気軽にご相談ください!/






空き家問題は仙台不動産センターにご相談下さい


仙台不動産センターでは仙台の不動産売却だけではなく、仙台の空き家の管理もお手伝い致します。

また、土地だけを残したいという方は解体のご相談もお気軽にお問い合わせください。

お客様の大事な不動産のお悩み、仙台不動産センターが親切、丁寧にご対応致します。

また、仙台市近郊での不動産売却、空き家管理や解体もご対応可能ですのでお気軽にご相談頂ければ幸いでございます。




ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0222907922

営業時間
10:00~19:00
定休日
水曜、GW、夏季休暇、年末年始

関連記事

売却査定

お問い合わせ