不動産売却する際に知っておきたい!一連の流れと準備しておくべきもの  【仙台不動産センター】

不動産売却する際に知っておきたい!一連の流れと準備しておくべきもの

この記事のハイライト
●不動産売却を円滑に進めたい方は選任系の媒介契約を結ぶのがおすすめ
●売却活動では内覧で好印象を残すことが大切
●必要な書類をあらかじめ準備しておくと不動産売却をスムーズに進められる

不動産売却するときには、事前に一連の流れを押さえておくことをおすすめします。
次に何をするのか、どのような書類が必要なのかを把握していると、とまどうことなくスムーズに進められます。
そこで今回は、不動産売却を検討している方に向けて、不動産売却の一連の流れと必要になる書類をご紹介します。
仙台市や仙台市近郊で不動産売却をご検討中の方は、ぜひご参考にしてください。

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却の流れ【前半】相場調査~媒介契約締結まで

不動産売却の流れ【前半】相場調査~媒介契約締結まで

まずは、不動産売却の一連の流れのうち、相場調査から媒介契約を結ぶまでを解説します。

大まかな相場と相談する不動産会社を調べる

まずは大まかな相場を調査しながら、売却を依頼する不動産会社を下調べします。
同じエリアにある、似たような物件の売出価格を、不動産会社のホームページや店頭の物件情報などで調べましょう。
それと同時に、ホームページや店頭の印象から、売却を依頼する不動産会社の選定を進めます。

不動産会社の査定を受ける

相場調査中に選んだ、信頼できると思える不動産会社に査定を依頼します。
査定には、物件情報だけで大まかな査定額を出す「机上(きじょう)査定」と、実際に物件を見て正確な査定額を出す「訪問査定」があります。
不動産会社に相談すると同時に机上査定を依頼するのが一般的ですが、不動産を売却する際は訪問査定が必須です。
そのため、売却すると決めている方は初めから訪問査定を頼んでも問題ありません。

不動産会社と媒介契約を締結する

査定額に納得したら、不動産会社と媒介契約を締結します。
媒介契約には、以下の3種類があります

  • 一般媒介契約
  • 専任媒介契約
  • 専属専任媒介契約

それぞれの特徴をご紹介します。
一般媒介契約
3種類の媒介契約のなかで、もっとも縛りがゆるく、複数の不動産会社と媒介契約を結べるのが一般媒介契約です。
売主が自分で見つけた買主と、直接契約を結ぶのも自由です。
多数の不動産会社と契約することで幅広く集客できますが、レインズ(不動産流通標準情報システム)への登録義務はなく、売主に対する活動状況報告書の提出義務もないなどのデメリットもあります。
築浅や好立地など物件条件が良ければ熱心な売却活動が期待できますが、そうでなければ積極的に買主を探してもらえない可能性がある点には注意が必要です。
専任媒介契約
専任媒介契約では、1社としか契約を結べませんが、売主が自分で見つけた買主と直接売買契約を結ぶことは認められているのが特徴です。
レインズへは媒介契約を結んでから7日以内に登録する、売主に対する活動状況報告書の提出は2週間に1回以上おこなうなどの義務が課されています。
1社としか契約できないぶん、不動産会社の熱心な売却活動が期待できます。
専属専任媒介契約
専属専任媒介契約では、1社としか契約できないうえ、自分で見つけた買主と契約するときも不動産会社を通さなければならないとされています。
3種類の媒介契約のうち、もっとも縛りが厳しい契約方法ですが、そのぶんもっとも熱心な売却活動が期待できるのが特徴です。
レインズへの登録は売買契約締結から5日以内、活動状況報告書は1週間に1回以上の提出が義務づけられています。
不動産会社の活動状況を確認しながら二人三脚で売却活動をしたい方は、選任系の媒介契約を選ぶのがおすすめです。

弊社が選ばれる理由|お客様の声一覧

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却の流れ【後半】売却活動~決済・引き渡しまで

不動産売却の流れ【後半】売却活動~決済・引き渡しまで

不動産会社と媒介契約を結んだあと、売却活動を開始して物件を引き渡すまでの流れを解説します。

売却活動を開始する

不動産会社と媒介契約を締結したら、売却活動を開始します。
訪問査定の査定額をもとに売出価格を決めますが、その際には「できるだけ高く売りたい」「多少値引いても早く売却したい」などの希望をきちんと伝えましょう。
まずは、不動産会社が所有している購入希望者のリストをあたります。
この時点で購入希望者が見つかると、売却活動を早く終了することが可能です。
同時に不動産会社のホームページや店頭に物件情報を掲載し、広く購入希望者を探します。
状況に応じて、新聞広告やチラシを活用することもあります。

内覧に対応する

購入希望者が見つかったら、実際に物件を見に来る「内覧」がおこなわれます。
内覧時の印象は、購入希望者の購買意欲を大きく左右します。
念入りに掃除する、当日は点灯して部屋を明るく見せるなど、好印象を残す努力が必要です。
とくにキッチンや浴室、トイレなどの水回りは、入念に掃除しておくことをおすすめします。
多少の費用は発生しますが、水回りだけでもハウスクリーニングに入ってもらうと良いでしょう。

売買契約を締結する

価格交渉を経て、購入希望者が購入の意思を固めたら、売買契約を締結します。
この時点で物件価格の5~20% の手付金を買主から受取り、不動産会社に仲介手数料の半額を支払うのが一般的です。

決済・引き渡しをおこなう

買主の住宅ローンの手続きが終了したら、残金を受け取り所有権移転登記を同日中におこない、物件を引き渡して売却活動が終了します。

弊社が選ばれる理由|お客様の声一覧

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却の一連の流れをスムーズに進めるために準備すべき書類

不動産売却の一連の流れをスムーズに進めるために準備すべき書類

不動産売却をスムーズに進めるためには、必要になる書類をあらかじめ準備しておくのがおすすめです。
ここでは書類を

  • 不動産会社に売却を依頼する際に必要な書類
  • 買主に不動産を引き渡すときに必要な書類

の二つに分けてご紹介します。

不動産会社に売却を依頼する際に必要な書類

不動産会社に売却を依頼する際に、一般的に必要とされるのは以下のような書類です。
1. 登記簿謄本または登記事項証明書
2. 売買契約書
3. 物件購入時の重要事項説明書
4. 登記済権利証または登記識別情報
5. 固定資産税納税通知書、固定資産税評価証明書
6. 物件の図面
7. 設備の仕様書
上記に加え、土地や土地付き戸建てなら土地測量図や境界確認書、建築確認済証や検査済証が必要です。
マンションの場合には、管理規約や使用細則、マンション維持費関連書類などが求められます。
ほかにも建築設計図書や工事記録書、耐震診断報告書、アスベスト使用調査報告書などがあるなら提出しましょう。
なお、必要な書類は不動産会社によって異なる場合があるので、あらかじめ確認することをおすすめします。
また、書類を紛失したなどで手元にない場合も、まずは不動産会社に相談すると良いでしょう。

買主に不動産を引き渡すときに必要な書類

買主に不動産を引き渡すときには、以下のような書類が必要になるのが一般的です。
1. 本人確認書類
2. 印鑑証明書
ほかにも住民票や銀行振込先情報、ローン残高証明書や返済予定表などを求められることがあります。
直前に慌てることがないように、どのような書類が必要か、不動産会社に確認しておきましょう。

弊社が選ばれる理由|お客様の声一覧

まとめ

不動産売却の一連の流れと、必要になる書類をご紹介しました。
不動産売却をスムーズに進めるには、信頼できる不動産会社選びがもっとも重要になります。
お互いに信頼関係を結び、売却活動から引き渡しまで二人三脚で進めたい方は、専任系の媒介契約を結ぶのがおすすめですよ!
仙台不動産センターでも、仙台市や仙台市近郊にある不動産の売却をお手伝いしています。
「まずは査定額だけ知りたい」「とりあえず相談だけしたい」といったお問い合わせも歓迎していますので、どうぞお気軽にお問い合わせください!

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0222907922

営業時間
10:00~19:00
定休日
水曜、GW、夏季休暇、年末年始

関連記事

売却査定

お問い合わせ